咬み合わせが悪いと・・・

・顎が痛くなる
・食べ物を噛みにくいことにより咀嚼回数が減り、唾液の減少や胃腸へ負担をかける
・口を開けると音が鳴る
・顎関節症

などが起こる原因となります。
それだけではなく、精神面での不安定さなど「咬み合わせ」からは連想されにくい症状が現れることも少なくありません。
ただ単に歯だけの問題ではなく、全身に関係するのです。

病院へ行っても原因が分からない、なかなか良くならない、という症状は咬み合わせの悪さからきているものかもしれません。

咬み合わせの良さには、「歯並び」が重要になります。

歯並びを悪くする原因

歯並びを悪くする原因はさまざまです。

親知らず
必要な歯の本数には数えられていないので、歯のおさまるスペースがないことがほとんどです。スペースがない場所に無理やり生えてこようとして横向きに生えたりして、奥歯から前歯の方へと歯を押し出そうとします。
また、生えきれずに親知らずの頭が見えている状態のままでいると、歯磨きがしにく、歯茎の炎症や虫歯となることが多くあります。その前の歯まで虫歯になりやすいという特徴もあります。

顎の小ささなどの骨格
現代人は、パンやハンバーグなど柔らかい物を好んで食べる人が多い為、昔の人よりも顎が小さくなっている傾向にあります。顎はよく噛むことで成長しますので、柔らかいものばかりを食べていると、小さいままで本来歯が並ぶべきはずの場所に並ばす、歯並びの悪さを引き起こします。

虫歯や歯周病
治療時に入れた補綴物(歯の詰め物や被せものなど)が合わなかったり、治療中に通院をやめてしまい歯がないまま放置すると、歯がない部分の対の歯がおりてきて長く見える状態になったり、周りの歯が動いて歯並びが変わります。

歯ぎしり、食いしばり

指しゃぶりなどの悪癖
指で歯が押されるような癖があったり、頬杖をつく癖がある歯並びが悪くなりやすいです。

姿勢の悪さ

遺伝
両親またはどちらかの歯並びが悪い場合、歯の形や骨格などが親と似ることによって子どもの歯並びも悪くなるケースもあります。

咬み合わせの悪さにより全身の骨格へ影響することも

咬み合わせが良くないと、どうしても噛みやすい場所ばかりで噛むようになってしまいます。その癖が続くと、顎から頭蓋骨へズレが出始め、頭を支える部分が不安定になり、全身の骨のズレが起きる事もあります。
そうすると、体の痛みだけでなく、神経やホルモン系にまで異常をきたすケースもあるのです。