矯正治療はただ見た目の歯並びを治すものではないと思っています。
歯にはさまざまな役割があり、全身のバランスにも関わる一生付き合っていく体の一部です。

削って被せる、抜いてスピーディに治せれば良いと、安ければ良い、目立たなければ良い、というのではなく、適切な計画と治療方法で咬み合わせを考えた機能美を目指すべきです。

矯正治療の初診相談

医師やトリートメントコーディネーター(カウンセリングスタッフ)などとどのような治療をしたいのか、
なぜ矯正治療をしたいのか、ご自身の生活等状況を話し、矯正治療を始める上で重要な説明を聞きます。

初診相談の費用は無料の医院もあります。
また、別の医院で矯正治療中でもセカンドオピニオンを受けつけているところもあります。

「無料」という言葉や広告に飛びつかず、ご自身のお口の中の状態についてしっかりとした話があり、信頼できる医院を選ぶようにしましょう。

矯正治療の検査

歯の向き、傾き、顎の動かし方、顎の関節の状態などすべてのデータを一通り調べないと、治療計画は立てられません
治療計画を立てないというのは、目的地を決めずに旅行に行くようなものです。

歯並びが悪い原因が分からないとまた歯並びが悪くなる可能性も大きくなります。
また、歯についてきちんと調べていない場合、治療中にうまく並ばなくなり、治療期間が大幅にのびたり、抜歯をすると言われることもあります。
歯並びや咬み合わせは骨や筋肉とも関係し、全身のバランスにも影響を及ぼしますので、慎重な治療が必要となります。

矯正治療の検査は、ご自身のお口の中の状態を知る良い機会にもなりますので、
「検査項目が少なくて簡単そう、安そう」という理由では選ぶべきではありません。

矯正治療に入る前のクリーニング

歯科医院へは虫歯治療では行く機会があると思いますが、クリーニングのみを受けに行くという方は、まだ多いとは言えません。
歯科医院で受けられるクリーニングでは、通常の歯磨きでは落としきれない汚れの膜や歯石を除去する事ができます。
定期的に受けることで虫歯や歯周病予防にもなります。

そして、歯磨きの仕方に付いてもアドバイスを受けることができますので、
日々のケアも含めて予防できるようになりますので、歯科医院でのクリーニングは重要です。

矯正治療前にクリーニングや歯磨きのアドバイスを行う医院もあります。

矯正治療中は装置をつけることで歯磨きがしにくくなり、
装置で唾液の流れも減少しますので、虫歯になりやすい状態といえるのです。

矯正治療が終わったあとも綺麗で健康な口腔内をキープできるよう、歯のクリーニングや予防を重視している医院をおすすめいたします。

矯正治療

ワイヤー矯正では、いよいよ矯正治療が始まると、歯に装置がつきはじめます。
痛みの感じ方は個人で異なりますので、口コミやレビューは参考にする程度にしましょう。

矯正治療は歯が動きますので、もちろん痛みはあります。
特にワイヤーの調整をした直後~長くて1週間程度の間に歯が動く痛みを感じる方が多いです。その後は、個人差はありますが徐々に痛みはおさまってきます。
どうしても我慢できない場合や大事な予定がある時は、ワイヤーの強さを変えてもらったり、やわらかいものを食べるなど食事で工夫することも可能です。
些細な事を相談できる医師やスタッフのいる医院を探しましょう。

マウスピース矯正の場合はマウスピースを通院の度に型取り、
新しいマウスピースへと交換していきます。
マウスピース矯正は見た目を気にせず歯並びを治療出来る為、ここ最近日本でも人気があります。

しかし、歯並びによっては適さないケースもあります。
その場合はワイヤーを使っての矯正をすすめられます。
それでもマウスピース矯正が良いという場合は、治療期間が延びたり、
理想の歯並びへと導くのが難しいケースもありますので、歯科医師とよく相談してください。

治療終了

矯正治療が終わったら、歯並び咬み合わせ顎の動かし方がどのように変化したかや骨の状態を調べます。
「歯並びがキレイになった」で終わりではありません。
矯正治療後のご自身のお口の中の状態やその後のケアについて知っておく必要があるといえます。