コンプレックスから咬み合わせ、顎、筋肉の機能を考える

受け口/反対咬合/下顎前突は、下の歯が前に出ているため、開咬を伴ったりと食べ物を上手く噛めない事や、見た目から歯並びを気にされ始めたという方が多くいらっしゃいます。

今の歯並びになった原因を知るには、生活習慣・ご家族の歯並び・食生活についての問診を受けたり、レントゲンや顎機能の検査などさまざまなデータから探る必要があります。歯は大切な身体の一部です。顎や周囲の筋肉、咬み合わせを考える事が重要です。理由や目標が分からないまま、ただ歯並びを整えるという目的で矯正治療を初めてしまうと、失わなくて良かった歯まで矯正治療の為に抜歯してしまったというケースもあります。

矯正治療のいろは
受け口/反対咬合/下顎前突、抜歯は必要?

受け口・反対咬合は「下顎前突」と呼ばれる歯並びで、この歯並びの方は小臼歯を抜かないと矯正できないとよく言われる咬み合わせです。受け口になる原因は、奥にある歯が前の歯を押し出すというものがあります。「乱杭歯」の原因と同じように、親知らずが歯を押している原因になっていたというケースも多くあります。

歯がガタガタになる「乱杭歯」では、前の方にスペースがなくなったしわ寄せが行き、歯が重なり始めます。受け口の場合には、歯が重ならずにさらに前に出ようとする動きがあると考える事ができます。

受け口の治療には、大元の原因を知る必要があります。スペースがないからといって、むやみに歯を抜いて歯を整えましょうという話ではありません。奥歯に原因があった場合は、第一小臼歯を抜いたところで前歯の重なりだけが整い、奥の歯が倒れているという事については変わらないでしょう。小臼歯を抜いても、しばらく経つとまた前歯にしわ寄せが行き、再度受け口になるという可能性もあるのです。奥歯が倒れたまま毎日食事などで噛む事を続けると、倒れたままの奥歯がさらに前に出ようとしてくる為です。

なるべく手術はしない方向で治療出来ないのか?

受け口の場合、顎の骨を切る手術を勧められることも少なくありません。

しかし、咬み合わせに原因がある場合は、歯並びの矯正治療が可能になり、手術の必要が無いケースもあるのです。

    Copyright © 受け口・反対咬合専門 All Rights Reserved.